情報商材・コンテンツの作り方・売り方

副業としてインターネットビジネスを行う場合には、自分でコンテンツを作り情報商材を販売する方法があります。
この時には、いくつかコツがありますので、それぞれのコツを知っておくことが大事です。

まず一つ目は、コンテンツを作る以上は多くの人に見られなければ意味がありません。
つまりアクセス数を増やすためにいろいろな方法で上位表示させることが重要です。
一昔前であれば、関連性のあるサイトから外部リンクをつければ上位表示することができました。

そのため、多くの人が無料ブログを借りてサテライトブログを作っていた事実があります。
ところが、そのやり方は非常に評判が悪いため、2012年ぐらいからそのやり方が通用しなくなってきました。
現在そのやり方で行うと、ペナルティーをくらってしまい、永遠に上位表示されることはなくなるでしょう。

最近は、コンテンツの中身が重要になってきています。
つまり、コンテンツの中身がつまらなければいくらリンクを張ったとしてもまず上位表示されることはありません。

コンテンツの中身を充実させるためには、よく調べることが大事です。
情報商材を販売する以上は、何らかの専門分野があります。

例えばFXに関する情報を商材を販売する場合であれば、自分自身もFXを行い、それと同時にたくさんの勉強をしておく必要があります。
そもそもサイトの中身が薄っぺらければ、そこで売っている商材自体が非常にうさん臭いものになります。

どのページもすべて力を入れる必要ありませんが、必ず2割ぐらいのページは非常に魅力的な内容になっている必要があります。
つまり、ほかの人が知らない内容や、読んでいて面白い内容、わくわくするような内容が書かれていることが大事です。
もちろん形式的には、キーワードの選定を含めた内部SEOも大事になってきます。

また、外部リンクを張ることも重要です。
ですが、一番のメインはコンテンツの内容であることを忘れてはできません。情報商材を売る場合には、自分で作る人はなかなかいでしょう。
出来上がったものを販売して、そこから何割か中抜きをする形で利益を出していきます。

最終的に購買を決めるかどうかの部分は、ランディングページの内容にかかっています。
ランディングページの中身がとても興味深ければ、最後まで読んでくれ購入してくれる可能性はありますが、出だしがつまらないとまず購入してくれることはありません。
また、全体の文章の流れも非常に大事です。